合戦浮世絵

うたがわくにさだ さく「しんしゅうかわなかじまたけだうえすぎわぼくのず」 歌川国貞 作「信州川中嶋武田上杉和睦圖」

信州川中嶋武田上杉和睦圖

本合戦浮世絵は、1553年(天文22年)から1564年(永禄7年)にかけて「武田信玄」と「上杉謙信」が繰り広げた「川中島の戦い」を描いた絵図。

5枚1揃いの絵図で、向かって右側が上杉謙信の陣営、左側が武田信玄の陣営です。中央を流れる川は「千曲川」。上杉謙信は、武田信玄と和睦を結んで戦いを終わらせるために下馬していますが、一方で武田信玄は騎乗したまま上杉謙信を挑発する様子が描かれています。

なお、川中島の戦いを舞台にした作品では、上杉謙信が騎乗、武田信玄が床几(しょうぎ:折り畳み式の腰掛)に座す姿で描かれるのが一般的。本合戦浮世絵は、それが逆転しているため、非常に珍しい構図と言えます。

本合戦浮世絵の作者は、江戸時代に活動した浮世絵師歌川国貞」。歌川国貞は、3代目「歌川豊国」として知られる人物です。様々な分野の浮世絵を手掛け、中でも役者絵は師である初代歌川豊国を超えた名画と評されました。

1827年(文政10年)頃から使用している号「香蝶楼」(こうちょうろう)は、歌川国貞が尊敬していた江戸時代中期の画家「英一蝶」(はなぶさいっちょう)の「蝶」と、英一蝶の本名「信香」(のぶか)の「香」から取って付けたと言われています。

信州川中嶋武田上杉和睦圖の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国貞 浮世絵の題材 武田信玄

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「信州川中嶋武田上杉和睦圖」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼