武将浮世絵

うたがわくによし さく「ぶゆうなぞらえげんじ せきや」 歌川国芳 作「武勇擬源氏 関屋」

武勇擬源氏 関屋

本武将浮世絵は、平安時代後期に活躍した「源義家」(みなもとのよしいえ)を描いた絵図。源義家は、東国に源氏の基礎を築いた人物で、鎌倉幕府を開いた「源頼朝」や室町幕府を開いた「足利尊氏」などの祖先としても知られています。

本絵図は、源義家が関所「勿来関」(なこそのせき)へ訪れた際に詠んだ「吹く風を 勿来の関と 思へども 道もせに散る 山桜かな」という和歌を描いた絵図で、白馬に乗っている人物が源義家です。勿来関の明確な場所は不明ですが、当時は桜の名所として知られていました。

本和歌は、歌人「藤原俊成」(ふじわらのとしなり)が「後白河上皇」に命じられて編纂した「千載和歌集」(せんざいわかしゅう)に収録されています。

本武将浮世絵の作者は、江戸時代末期に活躍した浮世絵師歌川国芳」。歌川国芳は、娯楽が厳しく制限された江戸時代末期において、様々な風刺画を出版して庶民から絶大な人気を得た浮世絵師です。

幕府が実施した悪政を面白おかしく描いた浮世絵は、江戸の人びとの間で大きな話題となりましたが、歌川国芳は幕府から目を付けられて、罰金の支払いを課されたり、始末書を書かされたりしたと言われています。

武勇擬源氏 関屋

「武勇擬源氏 関屋」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国芳 浮世絵の題材 源義家

関連浮世絵のご紹介

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「武勇擬源氏 関屋」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼