武将浮世絵

うたがわくによし さく「ぶゆうひゃくせん おんぞうしうしわかまる」 歌川国芳 作「武勇百傅 御曹司牛若丸」

武勇百傅 御曹司牛若丸

本武将浮世絵は、「牛若丸」(うしわかまる:のちの「源義経」)と、源義経に最初に仕え、源義経の「四天王」と呼ばれる家臣のひとり「伊勢三郎義盛」(いせさぶろうよしもり)が出会う場面を描いています。

本武将浮世絵は、この2人の出会いが描かれていますが、実際に描かれているのは、「日吉丸」(ひよしまる:のちの「豊臣秀吉」)と家臣となる「蜂須賀小六」(はちすかころく)との出会いの場面。

本武将浮世絵が制作された江戸時代は、豊臣秀吉が天下を掌握していた時代の武将や合戦を浮世絵に取り上げることが禁じられていたため、牛若丸と伊勢三郎義盛に見立て、描かれているのです。

牛若丸の着ている着物の家紋が「五三桐」(ごさんのきり:豊臣秀吉の家紋)に見えることも、このことを裏付けています。

本浮世絵を描いたのは「朝櫻樓國芳」(ちょうおうろうくによし)ですが、この名前は「歌川国芳」(うたがわくによし)の画号です。歌川国芳は、江戸時代から幕末に活躍した人気絵師で、構図や発想がユニークだったことから「奇想の絵師」とも呼ばれました。歌川国芳は、浮世絵師の最大派閥を形成し、当時の武者絵様式を確立させたとも言われています。

武勇百傅 御曹司牛若丸

「武勇百傅 御曹司牛若丸」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国芳 浮世絵の題材 牛若丸

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「武勇百傅 御曹司牛若丸」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼