武将浮世絵

うたがわよしつや さく「ぶゆううこめいくみうちせん さつまのかみただのり
おかべろくやたただずみ」
歌川芳艶 作「武勇高名組討撰 薩摩守忠度
岡部六弥太忠澄」

武勇高名組討撰 薩摩守忠度 岡部六弥太忠澄

本武将浮世絵は、「源平合戦」における平氏方「平忠度」(たいらのただのり)と源氏方「岡部忠澄」(おかべただずみ)の一騎打ちの図です。

しかし、浮世絵奥の人物が頭に付けているは、烏帽子(えぼし)型で、前立家紋が「蛇の目」であることから、実は「加藤清正」(かとうきよまさ)の図ではないかと推察することが可能。

また、後方の一団が掲げている馬標が「千成瓢箪」(せんなりびょうたん)に似ていることから「豊臣秀吉」軍を見立てていると考えられます。

本武将浮世絵を描いた「一英齋芳艶」(いちえいさいよしつや:歌川芳艶とも)は、「歌川国芳」(うたがわくによし)門人です。一英齋芳艶は、師である歌川国芳の武者絵の才能を最も良く受け継いだ浮世絵師として知られています。

1863年(文久3年)に、14代将軍「徳川家茂」(とくがわいえもち)の上洛を「源頼朝」(みなもとのよりとも)の上洛になぞらえた合作「御上洛東海道」にも参加。全162点ある内の16点を担当しています。

武勇高名組討撰 薩摩守忠度 岡部六弥太忠澄

「武勇高名組討撰 薩摩守忠度 岡部六弥太忠澄」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳艶 浮世絵の題材 平忠度

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「武勇高名組討撰 薩摩守忠度 岡部六弥太忠澄」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼