合戦浮世絵

うたがわさだひで さく「げんぺいやしまだんのうらながとののくにあかまがせき
かっせんのず」
歌川貞秀 作「源平八島檀之浦長門國赤間関
合戦之圖」

源平八島檀之浦長門國赤間関合戦之圖

本合戦浮世絵は、「源平合戦」の戦「壇ノ浦の戦い」を鳥瞰図(ちょうかんず:上空斜めから見下ろした形式の絵図など)で描き、海辺に船配置を置くなどして臨場感ある作品に仕上げています。なお、題名の「長門国赤間関」は、現在の山口県下関市の旧名称です。

この戦いで平氏軍は、「源義経」(みなもとよしつね)率いる源氏軍に敗北します。平氏方に付いていた幼い「安徳天皇」(あんとくてんのう)は、祖母「二位尼」(にいのあま)と共に入水。そして、平氏軍の大将であった「平宗盛」(たいらのむねもり)も捕えられ、栄華を誇った平氏は滅亡します。これにより、5年もの歳月をかけた源氏と平氏の争いは終焉を迎えました。

本合戦浮世絵を描いた「五雲亭貞秀」(ごうんていさだひで)は、江戸時代後期から明治時代にかけて活動し、「歌川貞秀」(うたがわさだひで)とも名乗った浮世絵師です。

この五雲亭貞秀は、横浜絵の第一人者とも言われますが、本合戦浮世絵のような精緻な鳥瞰図の一覧図や合巻図を描いたことでも有名。

また、1867年(慶応3年)に開催された「パリ万国博覧会」では、江戸幕府の浮世絵総代絵師として作品10点を出品し、高い評価を受けました。

「源平八島檀之浦長門國赤間関合戦之圖」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川貞秀 浮世絵の題材 壇ノ浦の戦い

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「源平八島檀之浦長門國赤間関合戦之圖」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼