行列浮世絵

うたがわくによし さく「ぎとらほんもうをとげぼぜんへたむけのず」 歌川国芳 作「義徒等本望を遂墓前へ手向けの圖」

義徒等本望を遂墓前へ手向けの圖

浮世絵は、江戸時代の元禄年間(1688~1704年)に起きた「忠臣蔵」(ちゅうしんぐら)の名称で知られる「赤穂事件」(あこうじけん)の一場面を描いた絵図。

赤穂事件とは、播磨国(現在の兵庫県西部)の赤穂藩主「浅野長矩」(あさのながのり)が、江戸城で高家(こうけ:儀式や典礼を司る役職)の「吉良上野介」(きらこうずけのすけ)に斬りかかったことをきっかけに起きた討ち入り事件のこと。浅野長矩が吉良上野介へ斬りかかった理由は不明ですが、この事件により浅野長矩は幕府から切腹を命じられます。

主君を討たれた赤穂浪士達(赤穂藩士47名)は、吉良上野介の邸内へ乱入。吉良上野介の首を討ち取ると、浅野長矩が眠る「泉岳寺」へ運んで墓前に供えたと言われており、本浮世絵の中央では、赤穂浪士が吉良上野介の首を井戸で洗う様子が描かれています。

本浮世絵の作者は、江戸時代末期に活躍した浮世絵師「歌川国芳」(うたがわくによし)。歌川国芳は、躍動感のある英雄や武将を題材にした「武者絵」で人気絵師となり、浮世絵3枚を一図として描く、新たな浮世絵様式を生み出しました。

義徒等本望を遂墓前へ手向けの圖
の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川国芳 浮世絵の題材 赤穂事件
代表的な
所蔵・伝来
個人蔵

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」の「義徒等本望を遂墓前へ手向けの圖」のページです。
こちらでは、「歌川国芳」が描いた明治浮世絵「義徒等本望を遂墓前へ手向けの圖」をご紹介。「義徒等本望を遂墓前へ手向けの圖」に関する詳しい解説と、拡大可能な写真・画像も掲載しているので、「義徒等本望を遂墓前へ手向けの圖」の世界を深堀することができます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼