行列浮世絵

うたがわさだひで さく「とうかいどうろくごうわたしふうけい」 歌川貞秀 作「東海道六郷渡風景」

東海道六郷渡風景

本行列浮世絵は、東海道「品川宿」と「川崎宿」間(現在の東京都神奈川の間)にある多摩川の「六郷の渡し」を描いた絵です。斜め上から描かれた鳥瞰図で、絵の中には高尾山や八王子などの地名が書かれており、地図的な表現を用いています。

多摩川にはかつて「徳川家康」が作った「六郷大橋」が架けられており、千住大橋、両国橋と合わせて「江戸の三大橋」にも数えられていました。

徳川家康が「関ヶ原の戦い」に向かう際にも、この橋を渡ったと言います。しかし、1688年(元禄元年)7月に起きた大洪水により六郷大橋が水没。それ以前にも、洪水が起きるたびに橋が流されていたことから、江戸幕府は橋を架けるのをやめ、舟渡しを考案。当初は、町人達が舟渡しをしていましたが、1709年(宝永6年)3月から役人が請け負うこととなり、以降は町人と役人達で、品川宿と川崎宿の財政を支えていきました。

本浮世絵を描いた「五雲亭貞秀」(ごうんていさだひで)は、「歌川貞秀」(うたがわさだひで)とも名乗ります。「歌川国貞」(うたがわくにさだ)の門人で、「日本八景づくし」や「大江戸十景」などの風景画を発表し、注目を浴びました。五雲亭貞秀は、地理に強いこだわりを持ち、鳥瞰による一覧図を数多く描いています。江戸時代末期には、北海道松前から九州まで自ら歩いて詳細な鳥瞰一覧図、名所図を刊行しました。

東海道六郷渡風景の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川貞秀 浮世絵の題材 六郷の渡し
代表的な
所蔵・伝来
個人蔵

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」の「東海道六郷渡風景」のページです。
こちらでは、「歌川貞秀」が描いた明治浮世絵「東海道六郷渡風景」をご紹介。「東海道六郷渡風景」に関する詳しい解説と、拡大可能な写真・画像も掲載しているので、「東海道六郷渡風景」の世界を深堀することができます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦・侍・武将・甲冑浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇室・皇族浮世絵、戦争絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼