「刀剣ワールド浮世絵」では、日本を代表する有名な浮世絵師たちについてご紹介しています。浮世絵師の生い立ちや浮世絵を描くことになったきっかけ、有名な浮世絵作品が生まれた背景、晩年の浮世絵師などを解説しました。
浮世絵師たちのエピソードは作品のイラストや写真掲載しています。現代でも国内・国外問わず人気を博す浮世絵。作品だけなく、浮世絵を描いた浮世絵師についても知りたい方はぜひご覧下さい。

浮世絵師とは

浮世絵師とは、江戸時代の始まりとともに生まれた「浮世絵」を描く職人のことです。
浮世絵を作り出したのは「菱川師宣」(ひしかわもろのぶ)と言われていて、挿絵としてしか認識されていなかった浮世絵を、1枚の絵画として独立させ価値を高めました。
菱川師宣以降も、「婦女人相十品 ポッピンを吹く娘」で知られる「喜多川歌麿」(きたがわうたまろ)や、「富嶽三十六景」で人々を魅了した「葛飾北斎」(かつしかほくさい)、斬新でユニークな作風が特徴の「歌川国芳」(うたがわくによし)など、有名な浮世絵師たちが数多く登場しています。
特に葛飾北斎は、モネやゴッホらヨーロッパの画家たちに影響を与え、「ジャポニズム」というブームを作りました。有名な浮世絵師たちは、日本国内だけでなく、世界からも高い評価を得ており、海外の美術館にも多くその作品が展示されています。

葛飾北斎と言えば、江戸時代を代表する浮世絵師。日本国内のみならず世界でも高評価を受け、「ジャポニズム」という現象まで巻き起こしました。そんな天才と呼ばれた葛飾北斎について、その生涯や作品についてなど、様々なエピソードをご紹介します。

「菱川師宣」(ひしかわもろのぶ)は、それまで本の挿絵でしかなかった浮世絵版画をひとつの作品と捉え直し、「浮世絵」と言うジャンルを確立した人物です。この功績から「浮世絵の祖」と呼ばれることとなった菱川師宣は、どんな時代に生き、どのような生涯を送ったのでしょうか。菱川師宣の作品やエピソードとともに解説します。

美人画と言えば「喜多川歌麿」(きたがわうたまろ)。国内での評価はもとより、海外では「葛飾北斎」(かつしかほくさい)と並び著名な浮世絵師です。しかし、その芸術活動は幕府の禁制との闘いでもありました。そんな喜多川歌麿の波乱万丈の人生や生み出され続けた数々の美人画をご紹介します。

幕末の人気浮世絵師であった「歌川国芳」。「武者絵の国芳」と称されるほど人気であった武者絵に加え、多くの作品に見られるその発想力やユーモアは江戸時代だけでなく、現在の人々をも魅了しています。ここでは、歌川国芳の生涯や作品、エピソードをご紹介します。

「織田がつき 羽柴がこねし天下餅 座りしままに食うは徳川」という風刺の歌をご存じでしょうか。「織田信長」や「豊臣(羽柴)秀吉」の尽力により成し遂げられた天下泰平の恩恵を「徳川家康」が独り占めしているという有名な風刺です。これを徳川の治世下である江戸時代に浮世絵にした驚きの浮世絵師がいます。その名も「歌川芳虎」(うたがわよしとら)。「歌川国芳」(うたがわくによし)の門下にして幕末の人気浮世絵師でした。幕末とは言え封建社会の江戸時代に、これほど痛烈な風刺を芸術で行なった歌川芳虎。その波乱の生涯や作品をご紹介します。

江戸時代を代表する浮世絵師が「葛飾北斎」や「歌川広重」だとすれば、明治時代を代表する浮世絵師が「月岡芳年」(つきおかよしとし)。歌舞伎の残酷シーンや「戊辰戦争」の戦場等を題材にした無残絵から「血まみれ芳年」の2つ名で知られます。月岡芳年は、その2つ名の陰で、ジャンルを問わず幅広い題材をテーマにした多作の絵師として、幕末から明治期の浮世絵界をリードしました。そんな月岡芳年の生涯や数々の傑作をご紹介します。

浮世絵師でありながら日本画家でもあった「水野年方」(みずのとしかた)。見逃されがちな水野年方ですが、絵を通じて風俗画の地位向上や近代文学の発展にも貢献し、門下から数多くの有名画家を輩出しています。ここでは、そんな水野年方に焦点を当て、その生涯や作品を紹介します。

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「浮世絵師一覧」のページです。
「葛飾北斎」や「歌川国芳」といった、世界的にも有名な浮世絵師の経歴や浮世絵にまつわるエピソードをイラストや写真と共にまとめました。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼