浮世絵は江戸時代に誕生したと言われる絵画様式のひとつです。なかでも遊女や茶屋の女性などが描かれた「美人画」、歌舞伎役者を題材とする「役者絵」は、当時のファッション誌やポスターとして庶民の間で大流行しました。また浮世絵は国内外問わず人気。葛飾北斎をはじめとした有名浮世絵師が描いた作品は、海外でも高く評価されています。
「浮世絵を楽しむ」では、浮世絵の鑑賞ポイント、浮世絵の制作から販売までを追った浮世絵の作り方、浮世絵についての豆知識、浮世絵を販売している店についての情報などをご紹介。美しい浮世絵の写真・画像とともにご覧頂けます。

日本美術を代表する浮世絵は、彩色の美しさや絵の美しさ、技術の高さなどのあらゆる面から評価され、世界中で知られています。しかし、近代化が進んだ現在の日本では、浮世絵に描かれているものに親近感が持てず、何を描いているのか分からなかったり、どこに着目して鑑賞すればいいのか分からなかったりすることも。ここでは、浮世絵を鑑賞する際に知っていればもっと浮世絵を興味深く観ることができる、浮世絵の鑑賞ポイントを紹介します。

江戸時代に流行した絵画のひとつ、浮世絵。浮世絵には、直接紙に描かれた一点物の肉筆画浮世絵と、木版を用いて大量生産された木版画浮世絵が存在していました。特に、同じ図柄を大量に生産できる木版画浮世絵は、価格も手ごろで、庶民の娯楽のひとつとして親しまれたのです。江戸時代に隆盛を極めた木版画浮世絵は、当時、どのように作られていたのでしょう。制作に携わる職人や制作の手順など、詳しくご紹介します。

江戸時代に成立した浮世絵は、瞬く間に江戸中の人々の流行となり、階級を問わず老若男女、民衆の娯楽として多くの人に楽しまれたものでしたが、現在の浮世絵は、美術館や博物館の芸術作品として鑑賞するものと言う考えが浸透しています。「葛飾北斎」(かつしかほくさい)や「鈴木春信」(すずきはるのぶ)ら有名絵師の作品は現代でも摺られており、伝統的な手法で制作された浮世絵を自宅で楽しむこともできるのです。しかし、繊細な材料と手法で制作された浮世絵は正しく保管しないと、シミやカビ、虫食いなどで劣化してしまいます。浮世絵を長い間楽しみ、後世に残していくためにも、ここでは浮世絵の取り扱いや保管方法、手入れの仕方を見ていきましょう。

浮世絵とは、江戸時代初期に登場してから明治時代に衰退するまで、庶民の間で大流行した絵画のジャンルのひとつ。日本を代表する芸術のひとつである浮世絵は、現在世界中の人々に愛されています。日本においても美術館や博物館などで展示される機会は増え、多くの人が浮世絵の世界に触れており、その人気が高まっているのです。ここでは、美術館や博物館で浮世絵を鑑賞する際に、知っていたらもっと浮世絵が楽しくなる豆知識を紹介します。

現在浮世絵は、美術館や博物館で鑑賞する芸術品と言う考えが一般的に普及しています。日本を代表する芸術となっている浮世絵ですが、浮世絵が一般的であった江戸時代には、老若男女や階級を問わず、多くの人が浮世絵を手に取り、現在の漫画や雑誌のように楽しんでいたのです。しかし、浮世絵が大流行していたのは数百年前。日本の伝統的な芸術作品を買うには高額のお金を払わなければいけないと考える人も多くいますが、実際はいくらで浮世絵を買うことができるのでしょうか。また、現在浮世絵を売りたい場合、どのように売ればいいのでしょうか。ここでは、浮世絵の買い方、売り方を中心に紹介します。

19世紀後半に海外で生じたジャポニズムと呼ばれる現象は瞬く間に流行し、西洋の画壇に大きな影響を及ぼすものになりました。ジャポニズムとは、「オリエンタリズム」の延長にある東洋世界への憧れを表すもので、開国後の日本から流入した浮世絵などの美術工芸品への愛好を指す言葉です。世界屈指の大都市であった江戸の浮世絵は、ジャポニズムの中心的存在。この記事では、ジャポニズムと浮世絵の関係や、ジャポニズムに対する海外の反応、浮世絵が海外に与えた影響を分かりやすく紐解いていきます。

spacer

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
「浮世絵を楽しむ」では、浮世絵について幅広い視点からご紹介。浮世絵を鑑賞する際のポイントから、19世紀にヨーロッパで流行した日本趣味・ジャポニズムと浮世絵の関係などをまとめました。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼