戦争絵

つきおかよしとし さく「とうえいざんもんじゅろうやきうちのず」 月岡芳年 作「東叡山文殊樓焼討之図」

東叡山文殊樓焼討之図

本戦争浮世絵の画題は、旧幕府軍と明治新政府軍が対立した一連の戦いである「戊辰戦争」(ぼしんせんそう)です。旧幕臣達によって結成された「彰義隊」(しょうぎたい:旧幕臣。「徳川慶喜」の護衛部隊)が、江戸無血開城を不服として、1868年(慶応4年/明治元年)5月15日、「東叡山寛永寺」(とうえいざんかんえいじ:現在の東京都台東区)に立て籠もった、いわゆる「上野戦争」の様子が描かれています。

同戦争における両軍の軍勢は、彰義隊が4,000人ほどであったのに対し、薩摩藩(現在の鹿児島県)と長州藩(現在の山口県)、そして佐賀藩(現在の佐賀県)の連合軍は約10,000人。本戦争浮世絵では、降りしきる雨と炎を厭わず、刀剣や槍を交えて、激戦を繰り広げていたことが窺えます。赤い建造物は、寛永寺の山門であった「文殊楼」(もんじゅろう)。彰義隊の壊滅と共に、この文殊楼も焼失しました。

本戦争浮世絵を描いた「月岡芳年」(つきおかよしとし)は、12歳頃に「歌川国芳」(うたがわくによし)の門下に入った明治時代を代表する浮世絵師。「無残絵」を得意としたことから「血まみれ芳年」との異名を取っていました。「水野年方」(みずのとしかた)を始めとする、優秀な弟子達を世に送り出しています。

東叡山文殊樓焼討之図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 彰義隊

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド/浮世絵」のコンテンツ「戦争絵」の「東叡山文殊樓焼討之図」ページです。
こちらでは、浮世絵師「月岡芳年」によって描かれた戦争絵「東叡山文殊樓焼討之図」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド/浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド/浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼