戦争絵

みぎたとしひで さく「わがぐんたいしょうあさんじょうおちるのず」 右田年英 作「我軍大捷牙山城堕ル之図」

我軍大捷牙山城堕ル之図

本戦争浮世絵は、「日清戦争」における日本軍活躍の図で、日本兵が勇猛果敢に戦い、清国兵を圧倒している様子を描いています。

本戦争浮世絵の日清戦争は、日本と清国との朝鮮の権益をめぐる政治的交渉決裂を契機に、1894年(明治27年)の7月に、朝鮮半島と遼東半島、及び黄海で起こった戦争です。1895年(明治28年)には、遼東半島、台湾、澎湖列島の割譲や賠償金2億両の支払いなど、日本優位の条約「日清講和条約」(「下関条約」とも)を結び、戦争は終結しました。

日清戦争に勝利した日本は、欧米より近代国家と認められて国際的地位が向上。清国との講和で受け取った賠償金を、国内の産業や工業発展に充て、近代国家としての歩みを進めることとなりました。

本戦争浮世絵を描いた「右田年英」(みぎたとしひで)は、明治時代から大正時代にかけて活動した浮世絵師です。「月岡芳年」(つきおかよしとし)の門人として浮世絵を学び、美人画や役者絵、戦争絵などを手掛けました。右田年英は、「東京朝日新聞」で「報道錦絵」を描いていたことがあるため、本画はそのときの作品であると考えられています。

我軍大捷牙山城堕ル之図の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 右田年英 浮世絵の題材 日清戦争

海外でも人気のある浮世絵の魅力を皆様にお届けするサイト「刀剣ワールド浮世絵」のコンテンツ「戦争絵」の「我軍大捷牙山城堕ル之図」ページです。
こちらでは、浮世絵師「右田年英」によって描かれた戦争絵「我軍大捷牙山城堕ル之図」をご紹介。解説と拡大できる写真・画像もご覧頂けます。
「刀剣ワールド浮世絵」には、浮世絵の基礎知識をはじめ、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関する情報が盛りだくさん。東海道五十三次の浮世絵はもちろん、武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)や役者浮世絵(歌舞伎絵)、皇族浮世絵といった一般財団法人「刀剣ワールド財団」が所有する浮世絵の写真・画像をご覧頂けるサイトです。この他、浮世絵YouTube動画・映像や浮世絵カレンダーといったコンテンツも充実していますので、ぜひ「刀剣ワールド浮世絵」で浮世絵の魅力をお楽しみ下さい。

もっと見る▼